エランビタールのニュース [水][活性][浄化]

宅配水市場、初の1000億円超え

 
9月7日(金)付の日本経済新聞に上掲の記事がありました。


日本宅配水協会によると、2012年の国内の宅配水事業の市場規模は

前年比22%増の1110億円になる見通しとのこと。

5年前の4倍近くに拡大し、1000億円を初めて超えます。


東日本大震災後、飲料水の安全への意識の高まりが需要を引き上げ

たと見られます。

加えて新規参入する企業が増えたことも市場拡大を後押ししました。


ほとんどの宅配水は、水道水や工場内の敷地で汲み上げた地下水を

活性炭や逆浸透(RO)膜に通した後、ミネラルを加えて製造します。


しかしながら、これほど急速な需要の拡がりがあると、

地下水の枯渇やRO膜等の濾過工程で発生する排水の処理など、

環境への影響を業界全体で考える必要があるのではないでしょうか。



宅配水が始まってまだ日が浅いので何とも言えませんが、

逆浸透膜によって純水となった水に添加されている

ミネラルの種類・割合・分子量によっては健康への影響も

懸念されます。


ご存知のように、純水は「ハングリーウォーター」と言われ、

触れるものからミネラルを奪って安定しようとします。

そのハングリー性は、精密機械などの洗浄工程でミクロの汚れを

吸収するのに活用されているほどです。


宅配水の場合、添加したミネラルが純水のハングリー性を

十分に満たしていない場合は、体に入ってから体内のミネラルを

奪う可能性も考えられます。


また宅配は全て車で行われますから、排気ガスによる大気汚染、

CO2の増加にもつながります。


日本には安全な水道水があるのですから、ブームに惑わされず、

地元の安全な水道水をおいしく飲む工夫をしてみることも大切ではないでしょうか。




  • 2012.09.10 Monday
  • 16:32
  • -

メタウォーター、濁り水から飲料水を作る車載式の浄水装置事業を開始

 
       9月2日(日)付 日本経済新聞


富士電機と日本ガイシの水関連事業が統合してできたメタウォーター

(東京・港区)は、トラック1台で濁り水から飲料水をつくる

車載式の浄水装置の事業を始めました。

第1弾として9月からアフリカのケニア、マラウイ、トーゴの

3カ国に順次出荷します。

1台で1日約3700人分の生活水量をまかなえるので、

将来は災害対策など日本での需要も視野に入れているようです。



この装置が優れているのは、発電機と水処理装置を1台の

トラックに搭載し、電気がないところでも浄水できるようにした点です。


濾過には同社が強みとするセラミック素材の水処理膜を使用。

この膜は超微細膜なので、大腸菌など細菌類や原虫類も取り除きます。

処理能力としては、1日に浴槽約410杯分に相当する最大75トンを濾過します。

1台あたりの価格は3500万円弱とのこと。


世界中の至る所で需要がありそうです。

また日本の技術が世界でお役に立てそうで、嬉しい話です。


  • 2012.09.03 Monday
  • 15:10
  • -

川崎市、官民連携で水道事業の海外展開に参入!


 
 (日本経済新聞 平成24年6月14日 朝刊)

自治体が相次いで水道事業に参入するなか、

川崎市も水道事業の海外展開に名乗りをあげました。

主にアジアで上下水道の敷設や管理を請け負う戦略です。


8月下旬に、地元のベンチャー企業を含む30〜50社の水関連企業に

呼びかけて『かわさき水ビジネスネットワーク(かわネット)』を

発足させるそうです。

運営は民間主導、事務局は市が担当します。


しかし、世界の水メジャーに対抗して受注を掴むには、

独自の方法が必要でしょう。


この領域ではどちらかといえば後発である川崎市は、

切り込み隊長的なビジネス力を民間の企業で発揮してもらい、

水道事業のノウハウを市が提供するというスタンスを取ります。


さらに、案件に応じて、株式会社、特定目的会社(SPC)、

あるいは共同企業体(JV)を選択して、柔軟に対応するとのこと。


自治体によっては、事業の受け皿となる会社を事前に作る例もありますが、

川崎市のようにひとまず官民連携の協議会というクラウド的な「場」を作り、

そこから案件別に最適の受け皿を作っていく、という試みは

なかなか面白いと思います。


ただ、ビジネスはタイミングが命です。

美味しい案件も受け皿の選択でモタモタしていたら

したたかな水メジャーに持って行かれてしまうでしょう。


柔軟性がビジネスの瞬発力や機動性を阻害しないことを祈ります。


  • 2012.06.14 Thursday
  • 15:52
  • -

坂本龍一さん発―アメリカの食文化が変わる

  
いささか旧聞に属しますが、先週の日曜日5月27日の産経新聞の朝刊に、

ニューヨーク在住のミュージシャン、坂本龍一さんのコラムが掲載されていました。


坂本さんによると、今、米カリフォルニア州バークリーから、

新しい変化のうねりが起きているそうです。

ファストフード中心の食生活を見直し、

「地産地消」「食育」を実践する新しい食文化が、

全米や世界中にじわじわと拡がっているとのこと。


坂本さんの住むニューヨークでも、

レストランがヨーロッパから空輸していたボトル入りの水をやめ、

水道水を使い始めたそうです。

炭酸水まで水道水を使って自分の店で作る動きも活発になっています。


火付け役はバークリーのレストラン「シェ・パニーズ」のオーナーシェフ、

アリス・ウォーターズさん。

彼女のこじんまりしたレストランは、

地元の新鮮な食材をふんだんに使い、その味を十分に引き出した

クオリティの高い料理を出すことで世界中に知られ、

その哲学は多くのレストランに拡がっています。


1960年代にはヒッピー文化のメッカであったバークリー。

21世紀になって、今度は新しい食文化を発信し始めたようです。


しかし、

「ボトル入りの水をやめて水道水を飲む」

「地産地消」

「食育」

これらは日本では決して新しいことではありません。

世界に先駆けている私たちの食文化に、

もっと誇りを持って、日々実践しようではありませんか!






  • 2012.06.01 Friday
  • 17:54
  • -

ヴェオリア、日本に新鋭システムを投入

 

(平成24年4月25日(水)日本経済新聞)

以前お知らせしたように、世界最大手のヴェオリア・ウォーター(フランス)が

日本の水道事業に本格的に参入してきました。

ジャン=ミッシェル・エルウィンCEOは、節電やコスト低減につながる

先端的な水道運用システムを日本市場に投入する考えを明らかにしました。


具体的には水の流量などに応じて、

ポンプをきめ細かく制御するシステムを活用します。


取水池や水処理施設から送水する際、大量の電力を消費します。

同社によると、日本に投入するシステムでは、

降雨量が多く水の流れが強い時はポンプの動力を落とすなどして、

無駄な電力消費を防げるそうです。


同社の日本での売上高(2011年12月期)は400億円超。

これまで西原環境テクノロジー(現・西原環境)など国内企業を

相次いて傘下に入れてきました。

エルウィンCEOは「今後もM&Aも含め、検討していく」と、

さらなるシェア拡大を目指しています。


これを迎え撃つ日本勢の動きはどうでしょうか。


荏原、日揮、三菱商事の共同出資会社、水ing(東京都大田区)は、

下水汚泥から肥料として再利用できるリンを回収する技術を持っています。

そのリンを売却することで利益を上げることができる、というわけです。


国内最大手のメタウォーター(東京都港区)は、

魚介類などの廃棄物と下水からメタンガスを発生させ、

それを発電に活用する実験を始めています。


いずれにせよ、日本企業が一層の「差別化」を図らなければ

ますます劣勢に立ってしまうでしょう。


水道施設の老朽化と水道技術者の高齢化。

止まらない水道事業民営化の流れ。

これを自治体だけの課題と片付けるのは酷というもの。

水道行政について、国がグランドデザインを描いてほしいものです。



  • 2012.04.26 Thursday
  • 16:34
  • -

ブログ「横浜オペラカン」が更新されました。「日本人のスポーツ」について

 社長のもう一つのブログ「横浜オペラカン」が更新されました。

タイトルは「日本人のスポーツ―己を乗り越え続ける営み」。

4月3日の競泳日本選手権男子平泳ぎの100mと200mで優勝した

北島康介選手の姿から見える日本人アスリートの姿勢について語っています。

詳しくは下記へ。


  • 2012.04.24 Tuesday
  • 16:47
  • -

社長のもう一つのブログ「横浜オペラカン」が更新されました。題は「連合赤軍の食事」。

 弊社社長のもう一つのブログ「横浜オペラカン」があります。

社長がビジネスを離れて日々思うことを書き綴っています。

今回更新した題は「連合赤軍の食事」。

「?」ですね。

いったい社長は「連合赤軍の食事」で何を言いたいのでしょう。

現代にも通じる問題に触れているとのこと。

ご興味のある方は下をクリックしてください。




  • 2012.04.20 Friday
  • 10:38
  • -

社長ブログ「アクアフルライフ」が更新されました!知って得する「純水」についての知識!

 
今日社長ブログ「田尻成美のアクアフルライフ」が更新されました。

毎回「水」をキーワードに情報発信していますが、

今回は「純水」についての情報です。


水はH2Oですが、ピュアであれば良いというものではないようです。

なぜって・・・。


詳しくは以下のブログをご覧ください。

http://elavita.jp/blog/
  • 2012.04.13 Friday
  • 17:09
  • -

危ない!日本の水源地が外国資本に買われている!

 


これは何の地図でしょう? 分かりますか?


赤く塗られた箇所は、中国資本によって買い占められた森林や水源地の

ある都道府県です。

北から順に、北海道、青森、埼玉、東京、長野、山梨、三重、岡山、鳥取、

愛媛、大分、宮崎、長崎の1都、1道、11県に及びます。

さらに次の地図をご覧ください。



北海道は中国以外にもイギリス、ニュージーランド、オーストラリア、

シンガポール(華僑?)に山林が買われています。

中国が買い占めた場所は水源地だけでなく、

自衛隊基地周辺の土地も含まれています。


同様のケースは長崎でも見られます。

海上自衛隊施設の隣接地を韓国資本が買収し、

リゾートホテルを建てています。


水源地はいわば国土・国民の心臓部です。

それが安易に外国に売られていいものでしょうか!!

許し難い行為です。

こういう事態になってもまだ動きの鈍い政府に対して、

15の自治体が立ち上がりました!



3月26日付産経新聞に、上記の記事が載っていました。

埼玉県久喜市、熊本市をはじめとする15の自治体が、国に水源地売買に関する

規制強化を求める意見書を提出していたのです。


北海道や埼玉県ではすでに取引監視強化の条例が成立しています。

山形、群馬、長野の各県も条例を検討中です。



ただ、今の日本ではそれ以上の規制は難しいようです。

民法上、日本の土地所有権は絶対・不可侵が原則。

所有者は地下水をいくらでも汲み上げる権利があるとのこと。

これまで地下水の取水を包括的に制限する国の法律はなく、

2年前に自民党側の議員立法として規制法案が提出されましたが、

継続審議扱いのままで一向に前進していません。


北海道ニセコ町の担当者は

「水源地を整備したいときなど、外資にどうやって連絡を取ったらいいのか。

水源地を自分たちで管理できなくなるのは死活問題」と話しています。

(ニセコ町は町内の15ある水源地のうち2つがすでに外資の手に渡っています。)


そもそも水源地の水はその土地だけのものではありません。

周囲の山林があってはじめてその地に水が湧いているのです。

しかもその山林を懸命に維持管理してこそ良い水が得られるのです。

そういう意味でも水はみんなのもの、国土全体のものです。

決して水源地の所有者だけのものではありません。


国民の生命と国益に直結する水源地買収問題。

一刻も早く法整備をして欲しいものです。


  • 2012.03.27 Tuesday
  • 16:33
  • -

編集者が体験、完全無添加化粧品「ミタスシリーズ」!

 
◎「ミタスシリーズ」で「素肌力」がつく!

「ミスター・パートナー」4月号に、「ミタスシリーズ」の体験記事が掲載されています。


編集スタッフの小野寺香織さんが実際に「ミタスシリーズ」を使い、

すっかりハマってしまいました。

もともと敏感肌だった小野寺さんは季節の変わり目や化粧品を変えると、

すぐに湿疹ができます。


「ミタスシリーズ」で」スキンケアをするようになってからは

ちょっとしたトラブルにも負けない肌に変わりました。


小野寺さんは「素肌力」がついた!と表現しています。



◎本当のスキンケアは「肌を育てる」こと

最近はナノレベルの超低分子の成分を使った化粧品が増えていますね。

ヒアルロン酸、レチノール等々、お肌に良さそうな成分が肌の奥まで

浸透すると、何だかハリや肌理が戻ってきそうな気がします。


でもご用心。

ナノレベルの成分は必要以上に肌の奥まで浸透し、

かえって肌に負担をかけてしまうのです。


肌は排泄器官でもあります。

汗や不要な物質が出ていく大切な「臓器」なので、その働きを抑えては

健康な肌になりません。

成分を塗り込めるのではなく、肌の自然な働きを邪魔しないで

「育てていく」。

「ミタスシリーズ」はそんなコンセプトで作られたスキンケアシリーズです。


  • 2012.03.22 Thursday
  • 15:45
  • -


selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

search this site.

profile

書いた記事数:71 最後に更新した日:2016/01/19