エランビタールのニュース [水][活性][浄化]

東工大OB会、「酸化被膜工法」のセミナー開催



さる10月14日(水)、東工大のOB会である蔵前工業会主催の第1回卓話会が
川崎市の川崎フロンティアビルで開催されました。
栄えある初回のプレゼンターに選ばれたのは、弊社の親会社都市拡業株式会社の
田尻惠保社長です。理系のトップエリートたちを前に、自社の看板技術「酸化
被膜工法」について90分のセミナーを行いました。

東工大OBというレベルの高い聴衆が相手なので、「酸化被膜工法」のコンセプト、
データによる効果実証、反応機序の解明、そして工法のカギととなる「水改質」の
評価方法と測定装置の開発と、密度の濃い内容でした。
「酸化被膜工法」の核は、水改質装置「ザ・バイオウォーター」ですが、
セミナーでは「ザ・バイオウォーター」の携帯型小型版である弊社の
「エランビタール」を使ってテーブル実験も行われました。



青い蓋のボトルに「エランビタール」が入っているのが見えます。
「エランビタール」で改質した水と無改質の水とでウィスキーの
水割りを作り、味の違いを味わっていただく、という実験です。
同じウィスキーでも改質水で作ったものはまろやかで角が取れた味に
なります。何より違うのは「香り」。芳醇なウィスキーの香りが辺りに
漂います。その上、二日酔いになりにくいのです。
試飲した人たちは口々に「これ、どこで売っているの」「え、全然味が違う」
としきりに驚いていました。
「ザ・バイオウォーター」を使えば、これと同じ水が蛇口から出て、
しかも水道管の赤錆を防ぐ、という話に参加者は深くうなずいていました。


selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

search this site.

profile

書いた記事数:71 最後に更新した日:2016/01/19