エランビタールのニュース [水][活性][浄化]

ウォーターフットプリントの時代来る!


ウォーターフットプリントって、ご存知ですか。

ウォーターフットプリント(WF)とは、製品の原材料調達から、生産、破棄、
リサイクルまで、ライフサイクル全体の水使用量を算出し、水資源への負荷を
定量化する「ものさし」です。

世界中で水問題が深刻化するにつれて、WFへの注目は高まっています。
欧州や米国のグローバル企業は相次いで製品のWFを公表し、サプライヤーにも
WFへの取り組みを求めるようになっています。
すでに欧州ではWFがグリーン購入の基準の一つになりつつあります。
東京都市大学環境学部の伊坪徳宏教授の研究室は、2010年、WF算出に必要な
水消費原単位を日本で初めてデータベース化しました。
農作物・紙・工業製品など約4000商品の水使用量と消費量の原単位をまとめ、
無料で公開しています。

(伊坪徳宏:東京首都大学環境学部教授)

たとえば、紅茶一杯180ccのウォーターフットプリントはどのくらいだと思いますか?
紅茶の栽培から加工、抽出、廃棄までと、ミルクやマドラーなど付属品すべての水消費量が
反映された紅茶のWFは、17600cc。
私たちが何気なく飲む紅茶には、その約100倍の水が使われているのです。

WFは、企業の環境部門に関わる指標で、経営そのものには関係ない、と思われがちですが、
伊坪教授は「経営そのものに関わる重要な指標」だと強調しています。

まず、自社の製品が水リスクが少ないと公表することで、競争力を高めることができます。
また、機関投資家の中には、水使用量の実態を開示を求め、それを投資判断の基準にする
ところも現れました。

アメリカでも、ウォルマートはサプライヤーに製品の水を含めた「環境フットプリント」(EFP)の
開示を求めています。他にもネスレ、コカ・コーラ、ユニリーバなど、グローバル企業が
続々EFP,WFへの対応を強めています。
ウォーターフットプリントは、現在ビジネスの機会を左右する存在になっています。
では日本での対応はどうなのでしょうか?
喜ばしいことに、最近、日本でもWFを活用する企業が着実に増えています。

例えば東芝は、2012年に洗濯乾燥機や冷蔵庫のWFを業界に先駆けて公開しました。
資生堂も、クレンジング材が不要な化粧下地「フルメークウォッシャブルベース」の
PRにWFを活用しています。この商品は従来の化粧行為と比べて、1.6リットル減らせると
算出しています。
しかし、全体としては、まだその名前さえ国内では知られていません。

ウォーターフットプリント。
この耳慣れない新しい指標が、ISOのように必須となる企業部門も出てくるかもしれません。
御社の対応は如何ですか?


 


 
  • 2014.07.22 Tuesday
  • 18:05
  • -


selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

search this site.

profile

書いた記事数:71 最後に更新した日:2016/01/19