エランビタールのニュース [水][活性][浄化]

金魚も喜ぶ、エランビタール改質水!


去る11月29日、親会社の都市拡業株式会社が主催する、
ザ・バイオウォーター代理店研修会に行ってきました。

ご存知のように、わが「エランビタール」は、ザ・バイオウォーターの携帯型ミニ版です。
この二つの装置(という割にはエランビタールは余りにも小さいですが)は、
使用するセラミックが同じなので効果もほぼ同じです。

若干違うところは、活性酸素除去能力、つまり体をさびさせない能力は
エランビタールの方が上です。
 
活性酸素消去活性
   検体名 消去活性(unit/ml)
ザ・バイオウォーター 86
水道水 40
                       (日本老化制御研究所 測定)

ザ・バイオウォーターでは水道水の2.15倍、活性酸素が除去されています。。
エランビタールはどうでしょうか。

 
活性酸素除去活性
    検体名 シグナル強度差※
エランビタール 354
水道水 60
※電子スピン共鳴法による測定。数値が高い方が活性酸素を除去している。
                        (神奈川歯科大学 測定)

エランビタールは水道水の約6倍も活性酸素を除去しています。

2.15倍と6倍。
この差は大きいです。もちろん2倍以上活性酸素が除去されるだけでも
すごいことですが、エランビタールの6倍には驚きです。
こんな小さなボディ(約9センチ)にこれほどの力があったとは!

で、話を元に戻すと、ザ・バイオウォーターの研修会で、
神ちゅう会の野木一男理事長が大変興味深いことをおっしゃっていました。

皆さんは金魚の種類で、「らんちゅう」というのをご存知ですか。
トップの写真のように、頭部が膨らんだ金魚です。
世界にはこの「らんちゅう」の愛好家がゴマンといて、
日本にも各都道府県に「らんちゅうの会」があり、
熱心ならんちゅうファンが事あるごとに交流を深めています。

神ちゅう会とは、神奈川県の「らんちゅうの会」のことです。

野木理事長はご自分のビルの屋上に水産試験場のような大規模施設を作って、
らんちゅうを飼育されています。
もともと横浜市で水のプロとしてのキャリアのある理事長は、
水にも詳しく、生命活性力を高める水を作る装置として、
ザ・バイオウォーターに大変高く評価され、
大手企業に紹介してくださっていました。

その野木理事長が、エランビタールに注目したのです。
らんちゅうにエランビタールの改質水をあげたところ、
とてもらんちゅうが喜んで、元気になるそうです。

やり方は水槽に直接エランビタールを入れるのではなく、
エランビタールで改質した水を容器に入れ、
エサをやるように、上からポタポタいれます。

すると、その周りにらんちゅうが集まってきて、
まるでエサでも食べるように、
改質水が落ちてきたところでパクパク口を動かして
改質水を飲もうとします。

金魚には普通の水とエランビタールで改質した水の違いが
分かるようです。

何十年もらんちゅうを飼育している野木理事長にとって、
これは初体験だそうです。
「らんちゅうが喜んでいる!」
理事長も喜んでいました。

「エランビタールで、もっと色々な事を試してみたい」と
野木理事長が目を輝かせて言っていたのが印象的でした。



 
  • 2013.12.06 Friday
  • 12:52
  • -


selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

search this site.

profile

書いた記事数:73 最後に更新した日:2020/09/23