エランビタールのニュース [水][活性][浄化]

メタウォーター、濁り水から飲料水を作る車載式の浄水装置事業を開始

 
       9月2日(日)付 日本経済新聞


富士電機と日本ガイシの水関連事業が統合してできたメタウォーター

(東京・港区)は、トラック1台で濁り水から飲料水をつくる

車載式の浄水装置の事業を始めました。

第1弾として9月からアフリカのケニア、マラウイ、トーゴの

3カ国に順次出荷します。

1台で1日約3700人分の生活水量をまかなえるので、

将来は災害対策など日本での需要も視野に入れているようです。



この装置が優れているのは、発電機と水処理装置を1台の

トラックに搭載し、電気がないところでも浄水できるようにした点です。


濾過には同社が強みとするセラミック素材の水処理膜を使用。

この膜は超微細膜なので、大腸菌など細菌類や原虫類も取り除きます。

処理能力としては、1日に浴槽約410杯分に相当する最大75トンを濾過します。

1台あたりの価格は3500万円弱とのこと。


世界中の至る所で需要がありそうです。

また日本の技術が世界でお役に立てそうで、嬉しい話です。


  • 2012.09.03 Monday
  • 15:10
  • -


selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

search this site.

profile

書いた記事数:71 最後に更新した日:2016/01/19