エランビタールのニュース [水][活性][浄化]

「ペットボトル症候群」にご注意を!

 暑さが続くと、冷たい飲み物が欲しくなりますね。

でも、くれぐれも糖分の摂りすぎには気を付けて下さい。

中高生や若い男性が好きな清涼飲料水には、1リットルにつき平均100グラム前後の

糖分が含まれています


角砂糖1個が約5グラムですから、1リットルの清涼飲料水には何と20個の角砂糖が

入っていることになります!



ペットボトル症候群の正式名称は「ソフトドリンク・ケトーシス」。

継続して大量にジュースやコーラなどの清涼飲料水を摂ると、血糖値が上昇します。

すると、血糖値を一定に保つインシュリンの働きが低下してしまうのです。


インシュリンが欠乏すると、ブドウ糖をエネルギーとして使えなくなり、脂肪などを分解

するようになります。その際「ケトン体」という代謝成分が増え、血液が酸性に傾きます。

すると、意識が朦朧としたり、体がだるくなるという症状が出ます。

ひどい場合は昏睡状態に陥るそうです。


最近、中高生の部活動の最中に熱中症で倒れる生徒が多いのは、

もしかしたら、甘いソフトドリンクの飲みすぎも一因かもしれませんね。



ただ、ペットボトル症候群への理解はあまり高くないようです。

育ち盛りのお子さんをお持ちのお母さん方でもペットボトル症候群を知らずに、

スポーツドリンクを飲ませたりしているのではないでしょうか。


水分補給はやはり水に限ります。

良質の水を安全にして飲みましょう。

空きボトルに水道水をジャッといれて、「エランビタール」をポンッ。

一番安全でエコな水分補給です。

  • 2011.07.12 Tuesday
  • 12:56
  • -


selected entries

categories

archives

links

others

mobile

qrcode

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

search this site.

profile

書いた記事数:73 最後に更新した日:2020/09/23